代謝をあげるコツ☆はダイエットのコツ☆彡@BeautySalonCherish表参道本店

こんにちは!

 

夏の空

 

今朝は朝からとても焦ってしまうことがあって

自律神経が乱れ汗が止まらない、中島です

 

皆様いかがお過ごしですか

 

 

先週、夏の代謝のお話をしましたが、では

うしたら代謝は上がるの??

ってところが重要ですよね

 

 

当サロンはINDIBAサロンですので、もちろんINDIBAをかけにいらして下さることをおススメします(笑)

が、そういう話ではなくて、

INDIBAかけたいけれどもそんなにしょっちゅう時間はとれない!という方も多いと思います。

そして、

実際にINDIBAをご利用中の方でも普段の生活の中でできることをされている方となかなかできない方には効果に差が出てきます。

 

当サロンの技術にバラつきがあるわけではありません(; ・`д・´)!!

 

では、普段の生活の中でできる~代謝を上げるポイント~はなんでしょうか

 

 

体温を上げる

身体を柔軟にする

肺活量を増やす

~ポイントはこの3つです~

 

 

体温を上げる

現代人の体温は50年前に比べて平均0.7度下がっていると皆さんご存知ですか?

今の小学生は平熱が35度台の子がたくさんいると

体温が下がる、低体温の原因は9割が筋肉量の低下と言われています。

便利になった現代のライフスタイルが明らかな運動不足を招いているのです

 

体温をあげる=血行をよくすること です

特に腹筋(体幹の筋肉)を刺激すると内臓の血液循環がよくなり、効率よく体温を上げることができます。

また、お腹周りを冷やさないように、おさ湯の習慣や、

冷房の部屋ではプラス一枚着るようにすること、

毎日の入浴習慣

など心がけましょう。

 

 

身体を柔軟にする

硬く凝り固まった筋肉は、周囲の血液やリンパ液の流れを悪くしてしまいます。

また、筋肉繊維の中の毛細血管への血液の流れを良くしておくと疲労が溜まりにくくなるという一石二鳥です♪

 

その為には、マッサージはもちろんですが、ご自宅でしやすいのはストレッチです。

Cherishでもホームケアとしてのストレッチは、よくおススメしています。

エステティックやマッサージを普段ご利用の方も、効果を持続する為にもオススメしています。

また、ストレッチを有効にするには入浴後や有酸素運動後などの体が温まっている時がおすすめです。

 

 

肺活量を増やす

肺活量を増やすことは、心肺機能が高まることになります。

心肺機能が高まることで酸素を多く含んだ血液が全身に行きわたり、各部位の組織が活性化されることで代謝が上がります。

 

肺活量を上げるには、激しい運動は必要ありません。

普段の通勤時時間などでも、しっかりと呼吸を意識しなるべく持続して歩き続けることが効果的です。

 

 

 

 

ここまでお読みいただいてお気づきの方もいらっしゃるかもしれません

そうです!

代謝をあげる=血行を良くする

ことなんです

 

 

 

ダイエットはすごく決意をして一気に取り組むものではなく

日々の小さな積み重ねが大切

 

 

歩く 画像

 

そして、「中島、通勤の徒歩を週3回隣駅までにするってよ。」

…つづく。

 

 

BeautySalonCherish 表参道本店

住所 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-7-12 3F D
アクセス 表参道駅より徒歩5分/JR原宿駅・明治神宮前駅・外苑前駅より徒歩10分
営業時間 11:00〜22:00(受付は20:00まで)
定休日 日曜日